階級制度と分隊

実績表

Q,これなに?
A,実績表です

 実績を手に入れるための大まかな流れ
まずは目指したいクラスを決める。
 ↓
それに添って昇格試験をクリアしたり条件を満たす
 ↓
昇格試験に関しては団長(不在の場合は副団長に)に申請。
 ↓
クリアしたら、Wikiにてクラスを更新します

尚、申請方式ですのでお気軽に団長に申請してください
また、クラスに関してはキャラクター毎となりますが一部条件はプレイヤーに関する条件もございます
(入団してからの期間等)

クラス表

クラス 概要 昇格条件
上級派生近接系
クラス(総合)
   
ジェネラル    
パラディン    
バーサーカー 己の命を捨てんとばかりに武器を振るい敵を切り伏せる者 [あるクラス]が[未定]号試験を合格する
リベリオン 近距離での射撃攻撃を得意とし、華麗に敵の攻撃を避け翻弄する者  
ウィングダイバー 空中戦を得意とし、敵を翻弄する者  
グレートナイト 剣となり盾となり、戦いの要となる者。 アーマーナイトの者が[未定]号試験を合格する
ヘビィアーマー 盾となり前に立ち、倒れることなく皆を守るもの  
アーマーナイト 前線を維持するための盾となる者  
ページ テクニックと打撃武器を巧みに扱う者  
アイアンブル 拳一つで突撃する様はまるで鎧を纏う猪のように。  
モンク ナックルを武器に前線で支援を行う者  
━━━━ ↓中級クラス  
近接系
クラス(攻撃)
   
ハイランダー ハンターを主軸にし、多数の武器の扱いに長けている者  
スパイダー ワイヤードランスを扱のに長けているもの  
ランサー パルチザンを扱うのに長けている者 パルチザン
ソードマン ソードを扱うのに長けている者 ソードを用いて四号試験を合格する
ハンター ハンター駆け出し ハンターで一号試験を合格する
アタッカー ダブルセイバーの扱いに長けているもの ダブルセイバーを用いて五号試験を合格する
スカイハイ ツイダンガーを扱うのに関して右に出るものはいない  
アサシン ツインダガーの扱いに長けているもの ツインダガーを用いてを用いて五号試験を合格する
クラッシャー    
グラップラー ナックルの扱いに長けているもの ナックルを用いて五号試験を合格する
ファイター ファイター駆け出し ファイターで一号試験を合格する
ブシドー カタナの扱いに長けている者  
ソードダンサー ブレイダー上位のクラス  
ブレイダー デュアルブレードの扱いに長けている者 バウンサー(DB)で一号試験を合格する
━━━━    
ブレイバー ブレイバー駆け出し  
バウンサー バウンサー駆け出し  
━━━━    
射撃系
クラス
   
インフェントリー アサルトライフルで近距離から中距離での攻撃に長けているもの  
スナイパー アサルトライフルで遠距離からの攻撃に長けているもの  
ボマー ランチャーの扱いに長けているもの  
レンジャー レンジャー駆け出し レンジャーで一号試験を合格する
マトリックス あらゆる攻撃を回避しエネミーを華麗に殲滅する者  
ガンスリンガー 双機銃  
ガンナー 中距離もしくは近距離による射撃を得意とする者 ガンナーで一号試験を合格する
アルテミスアバター    
エースシューター    
アーチャー   ブレイバー(弓)で一号試験を合格する
━━━━    
     
━━━━    
中級法撃系
クラス(攻撃)
   
スペルマスター 全てのテクニックをマスターし、臨機応変に活用できる者  
ソーサラー    
アークメイジ    
メイジ    
フォース   フォースで一号試験を合格する
━━━━    
中級法撃系
クラス(補助)
   
プリースト    
テクター   テクターで一号試験を合格する
━━━━    
オシャレさん
クラス
   
マスコット 蒼月騎士団におけるマスコットキャラクター。  
カリスマ
コーディネーター
  ファッションナイツにて最優秀賞を8回獲得する。また、特別賞2回獲得する
ファッションリーダー 流行を見極め、ファッション界のトップに君臨する者 ファッションナイツにて最優秀賞を5回獲得する
コーディネーター コーディネート(服装、装飾含め)のセンスに長けているもの ファッションナイツにて最優秀賞を1回獲得する
指揮系クラス    
コマンダー 戦闘指揮に優れ、いかなる状況でも的確に勝利へと繋がる指揮を執ることができる者  
オペレーター    
タスク 戦闘員を纏め、戦略を練る者 二号試験を合格する
━━━━    
誤爆王クラス    
ゴバクキング 誤爆がすごい天然おちゃめな存在  
プロゴバッカー ところかまわず誤爆しちゃう天然な存在  
ゴバッカー よく誤爆する人  
━━━━    
初級クラス    
ナイト 零号試験を合格し、初歩的な実力を認められたもの
また、中級クラス、指揮系、整備系クラスに挑むことができる
零号試験を合格する
イニシエート 見習いを卒業し、団の一員として仲間と共に活躍しはじめた者 RPQもしくは団員との任務に一度でも参加する
見習い騎士 正式な入団後、団の雰囲気に慣れた証。 仮入団を終え、騎士団の空気に慣れる
ひよっこ騎士 入団したての団員。仮入団期間中の団員は必ずこの道を通る 蒼月騎士団に入団する


※まだまだ追加する予定

分隊について

人数については特に縛りはないです。4~6人推奨
分隊の構成についてはバランス型や特化した集まりなど多種多様です。こんな分隊作りたいとかあればお気軽に
追加してください
(近接特化や後方支援中心など)

必ずこれに従えということでは無いですし、分隊だからといってその隊だけで仲良くせず、
騎士団全員と仲良くできれば本望です

(RP、妄想等でお使いください←)

ヴァンガード 特務作戦部隊。主力部隊のひとつで多種多様な用途で動く
隊長 来ヶ谷冷架
  RFフェリアルーシィRim型
  リベルテ・スワロー
  ディジェッタ・スワロー

   
隊長  
   

  遠距離
隊長  
   

サン・ブレイブス 太陽の勇者達。
隊長 エクレア・S・ガルシア
   

一般騎士部隊

※主にMOB騎士用

・ナイト部隊
 近接戦闘を行う部隊。4~6人で設定されている。今は2部隊まである。
 前線に投下され戦線を維持させたり、
 また、ナイトに限った話ではないが作戦行動時には指揮を執りやすくするように部隊ごとにナイト1(ワン)、ナイト2(ツー)と呼ばれる

・レンジャー部隊
 射撃による後方支援を行う部隊。3~5人で設定されている。ナイト部隊の支援が主な仕事。また、ナイトが近づけない場合や
 先制攻撃による牽制等も担う。現在は1部隊しかいない

・ソーサラー部隊
 法撃による後方支援を行う部隊。基本的に2~4人で設定されている。レンジャー同様、法撃による後方支援を行う
 現在は1部隊しかいない

・スカウト部隊
 偵察任務が主な仕事。また作戦に参加しては敵の動向を観測し作戦指令本部へと伝達することもある
 現在は1部隊しかいない

役職

団長

蒼月騎士団をまとめる最高責任者。メンバーを統率し、最終可決を下す。
・イベントの告知やチームサイトの管理
・最高責任者として不祥事への謝罪や制裁を行う。
 また、相談や不満、意見などを受け付けます。
・チームの秩序を保ち、崩壊を防ぐ
・団員の意見を取りまとめる
 愚痴や不満、要望などを聞き改善や対策を練る
・入退団の対応、面接及び試験の審判を行う
通達もなしに6ヶ月間音信普通になってしまった場合はメールにて勧告。
後に戻る意思があれば再加入(但し3度目以降は認めない)
尚、40人を超えての再加入の場合でも可能。
・不良団員への制裁
 チームの秩序を乱す団員(内部での暴言や不正行為、チーム崩壊の元となる行為)へ
 強制脱退や運営への通報。然るべき手段を取る

・騎士団が保有する資材や資金、食料を管理し、作戦を立てたり指示や戦況報告などを纏める。
・団員を育成しては任務を共にし、勝利へと導く。
・週刊「月下の騎士達」を水曜日に団員全員に送信する(現在中止)


副団長


ロールプレイを楽しみながら蒼月騎士団を団長と共に秩序ある団として守っていく役職。
団に熱い思いがあり、共にいろんな方向で盛り上げていく。
また、イレギュラーへの対応や団長への報告等を行っていく。

副団長になる為には・・・
・比較的高めのログイン率
 目安として週4日以上、夜(比較皆がログインする時間20時~?)を中心にログインができる人。
・ロールプレイヤーである
 ロールプレイを楽しむチームであるためこれは不可欠。
・チームに対しての熱い思いがある、また、副団長という役を背負って団長と共に
 騎士団を盛り上げる意思がある。
・PSO2歴が少なくとも半年以上
・自分の意見をしっかり持つことができる
 間違ってると思った所はしっかりと言ってくれると助かります
・団長に対してそれなりの信用がある(絆が深め)
・団長に信用されてる人、頼られてる人
・連絡がしっかり出来る人
これは団長に対しても、他の団員に対してもである


以下のことが可能となる
・チームルームの設備変更
・クラス昇格試験の試験官
 昇格条件に関しては試験内容を参照。
・Wikiの管理者権限(ファイルの削除、デバッグ等)
・止む無き不良団員への制裁(強制脱退)
 こちらは、どちらかと言うとこういう事案があり再三注意してきたにも関わらず
 繰り返していると団長へと通達、その後団長から許可があれば措置可能

・団長の部屋のデスクで執務が可能
・冷蔵庫にあるお菓子を食べてもオッケー
・レベル09秘密文献までの閲覧が可能
 (作戦計画書、団内経費及び予算表、冷架の同人誌等)
・団長代理を名乗ることができる
・特務の企画が立てられる
・喫茶店のキッチンの使用
 団長が居ても使えます。


団長補佐


簡単に言えば団長のお手伝いをしてくれる人。

⇒団長補佐になる為には・・・
⇒団長補佐のお仕事
・団長及び副団長への連絡、報告等
・団長及び副団長不在の場合、チームルームの設備を変えることが可能

・喫茶店のキッチンの使用
・レベル07秘密文献の閲覧が可能
(通常作戦文献、任務報告書、今日の献立等)


各部署紹介

・団を支えるという意思がしっかりとある
・団長と副団長のお手伝いが出来るという方
・連絡がしっかりとれる方

作戦指令本部

蒼月騎士団に届いた任務を管理し、各部隊への任務の伝達や指揮を行う部署



財務部

蒼月騎士団が所有する資金等管理する部署



技術部

武装の開発やメンテナンスを行う部署


諜報部

多方面へ出向き、情報収集を行い、整理し本部へ伝達する部署


マスコット部(非公式)

みんなを癒してくれる

*部署や実績について追加や加入等はお気軽にご相談ください

  • 最終更新:2017-01-17 00:11:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード